第3号からはヘッドスタンドなるものの作成に入ります。

頭部とそれを動かすサーボモータ・テスト基板・電池を固定するためのものです。

第3号で行うのは、ヘッドスタンドの左半分の組み立てと、サーボ用ケーブルの準備だけなので、分量的にはかなり少ないです。

まず、ヘッドスタンドについては、スタンドの名の通り、頭を支えるだけなので可動部品はなく、ねじで固定するだけですのでさくっと完成。

サーボのケーブルのほうは断線したり、コネクタの向きを間違えないように少し慎重に。
ピンセットで保護シールを台紙からはがして、向きを確認してぺたっと。
両方にぺたっとして完成。

今回はこれだけなのですぐにおわりました。はやく動かしたいですねぇ。

カテゴリー: ROBI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください